読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひばログ

ダイエッターひばりのダイエットブログ。目指せ40kg台...!!

チョコアレルギー疑惑。

前の晩から16hプチファスティングをしていたので、今日のお昼は焼肉ランチでした(๑´ڡ`๑)

 
網焼き特盛カルビを注文!!
f:id:dmdmbg:20151107132619j:image
f:id:dmdmbg:20151107132631j:image
毎回焼けてない肉ばっかりブログに載せてますね私(笑)焼けた後は食い意地が張ってしまって写真のことを忘れちゃうんだなきっとorz 
 
 
食事後は、輸入雑貨屋さんでおやつを購入。
ダイエットしたいならおやつはカカオ85%以上がいーらしいので、リンツの85%チョコをゲット。お家で食べることに。
 f:id:dmdmbg:20151108010924j:image
高カカオ成分のチョコレートは脂質が特に多いそうなので、ほんのひと欠片だけ食べたのですが、直後、突然かるい吐き気が(T_T) 
不思議に思いすぐさまググってみたところ、カカオには「デオブロミン」「チラミン」「ポリフェノール」などの成分が含まれてて、その効能は割といいことしか書いてない!汗
 
 
・チラミン
カカオ/チーズ/キムチ/レバー/ワインに含まれている成分。ノルアドレナリンの放出を促進して交感神経を動かす働きがある。そのため偏頭痛を誘発するが、パーキンソン病やうつ病の治療に用いられていたりするそう。
 
・デオブロミン
カカオの主成分で、チョコレート、ココア、コーラなどに存在する物質。医薬分野で多く利用されていて、血管拡張薬や利尿薬として使われている。近年では、体重増加抑制作用があることが実験で明らかになったとのこと。
その他にもプラス効果の記事が...
大脳を刺激して、集中力や記憶力、思考力を高め、気力をUPさせます。自律神経を調節する作用もあるので、緊張を和らげリラックスさせる効果もあります。*1

 

もしかしたら、チョコレートアレルギーだったのかもと思いながらも、じっくり調べるとデオブロミンについてこんなことが書いてありました。

気管支喘息の治療時に用いられる薬と似ており、大量に摂取すると吐き気や頭痛を起こすようです。*2
 
う〜ん。ほんの一欠片しか食べてなかったからデオブロミン大量摂取じゃないし、やっぱりチョコレートアレルギーなのかも。どうしてもチョコレートが食べたいときは、キャロブとかいうチョコレートの味に似た代用品を食べた方がいいのかもなあ。
テニスプレイヤーのジョコビッチさんの本で、本人がアレルギー検査を受けて小麦に不耐性があることが発覚し、長年食べていたパスタやパンを絶ってグルテンフリーな食生活に変えたことが強くなった秘訣と知っていたので、そんな風に普段軽いアレルギー反応があることに気づかず、食べているものってあってもおかしくないのかもしれませんな。
 
具合悪くてつらかったけど、大きな発見があった1日でした p(^_^)q
 
 
 

 

 

 

過去の関連記事