ひばログ

ダイエッターひばりのダイエットブログ。目指せ40kg台...!!

グルテンは本当にダイエットの「悪」なの?

歌手のマイリー・サイラスがたった2ヶ月15kgも痩せたりと海外で人気に火がつき、日本でもかなり知られている「グルテンフリーダイエット」。

 f:id:dmdmbg:20180204144337j:image

テレビで芸能人がグルテンフリーの麺を使ってる話を耳にしますし(嵐の松潤とかね)、グルテンフリーの串揚げを出すお店が話題になったりと、未だに注目度が高いですよね。グルテンは「悪」だと思ってる意識高い系の方、結構多いんだろうな〜と思います。

私はでも、パンや麺を食べない生活なんて考えられません!だって美味しいから!笑

 

グルテンを含む食べ物たち・・・パン・麺類・カレー・シチュー・餃子・ビール

 f:id:dmdmbg:20180204144116p:imagef:id:dmdmbg:20180204144108p:imagef:id:dmdmbg:20180204144210p:image

 

今日はそんなグルテンについて考えてみようと思います ♪ 

グルテンは、穀物の胚乳からつくられるタンパク質の一種だそうで、パンや麺などの小麦加工品を作るときに必要な原料らしいです。小麦や大麦、ライ麦に含まれています。

テニスプレーヤーのジョコビッチ選手(苗字は知らないw)のを読まれたことがある方はご存知かもしれませんが、その本には、グルテンアレルギーであった彼が、食事法を見直し、グルテンフリーな食事を実践した内容とその効果について書かれています。

ジョコビッチ選手のように、元々グルテンフリーの食事は、食べると小腸の粘膜などに炎症を起こしてしまう病気などのアレルギーのある人のための食事療法でしたが、結果的に糖質を制限することになり、痩せることから、減量効果に注目が高まってしまった印象です。

アメリカの最近の研究によると、グルテンを摂取しない生活を送ると、糖尿病の発症率が上がるというリスクがあると報告されています。

diamond.jp

 

グルテンアレルギーでないのであれば、グルテンは「悪」だと思わず、「摂りすぎに注意する」ぐらいにとどめるのがベストなのかな〜と思いました。

結局、食べすぎ・食べなさすぎはよくないっちゅうことですね笑